WordPressを始める前の準備と予備知識

ホームページやブログを作成しようと思って、どっちで作成するればいいのか検索をすると、大抵WordPressという文字を目にすると思う。

 この記事では、WordPressとは何かということや、WordPressを始めるときに必要なものなどを記録します。

WordPressとは

ウィキペディアにはこう書かれている
WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している
http://ja.wikipedia.org/wiki/WordPress
ここでPHPとMySQLという新しい言葉が出てきました。

PHPとは?
読み方はピー・エイチ・ピーで、プログラミング言語の1つです。

MySQLとは?
読み方はマイエスキューエルで、データベースシステムの1つです。

また、WordPress.orgにはこうかかれている
WordPress (ワードプレス) は、オープンソースのブログ/CMS プラットフォームです。セマンティック Web、コードやデザインの美しさ、Web 標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。

WordPress を使って、思い通りにカスタマイズしたブログサイトを作り上げてみませんか。
http://ja.wordpress.org/

WordPressはMySQLというデータベースを使い、PHPというプログラム言語で書かれた、無料のブログツールである。

無料メールアドレスの取得

ヤフーメール
Gメール
フリーメールはどこで取得しても問題ありません。

これからグーグルウェブマスターツールや、グーグルアナリティクスでアクセス解析などを行う場合は、グーグルアカウントが必要となるのでGメールの取得をおすすめします。

登録方法は省略させていただきます。

レンタルサーバーを選ぶ

WordPressをインストールするサーバーを借ります。

レンタルサーバーは基本的に有料になりますが、なかには無料で借りられるところがあります。

様々な企業が、様々なプランを用意しているので、自分の用途に合ったサーバーが見つかるはずです。

また、WordPressを動かすためには、PHPとMySQLが使える必要があります。WordPressを使おうとレンタルサーバーの契約をしたけど、PHPとMySQLが使えなかった・・・なんてことにならないように注意しましょう。

有料レンタルサーバーの特徴

有料レンタルサーバーの特徴は、やはり大容量、高機能でマルチドメインも複数設定できる点と、サーバーの安定感です。

WordPressが使える有料・無料レンタルサーバー比較

それぞれのサーバーの機能や容量を簡単に載せておくので参考までに。
サーバーの機能や容量
サーバー名 月額料金 容量 ドメイン 無料お試し期間
ドメインキング 100円~ 20GB 10
バリューサーバー 167円~ 50GB 25 10日間あり
ミニバード 250円~ 50GB 50 14日間あり
ロリポップ! 250円~ 50GB 50 10日間あり
wpXレンタルサーバー 1000円~ 100GB 10 14日間あり
エックスサーバー 1000円~ 200GB 無制限 10日間あり
ヘテムル 1000円~ 256GB 無制限 15日間あり
※記事作成時から変更されている可能性があるので、詳細や最新の情報、期間限定キャンペーンなどは公式サイトでご確認ください。 ※ドメインは、マルチドメインまたはサブドメインの数です。

無料レンタルサーバーの特徴

無料レンタルサーバーのメリットは、なんといても無料で借りれることです。

デメリットは、大抵の場合、無料で借りられる代わりに大きな広告が表示されます。なかには広告が表示されないサーバーもありますが、サーバーを運営する費用が賄えずに閉鎖してしまった、という話も少なくありません。

PHPとMySQLが使える無料レンタルサーバー

まずは、タダで使えるのに広告が表示されない(表示義務がない)無料レンタルサーバーです。

wkey.meの特徴

容量:2GB
独自ドメイン:1
サブドメイン:10
FTPユーザー:10
メール容量:1GB
など、他にも多くの機能を備えています。詳しくは公式サイトで確認してください。
https://wkey.me


次は、広告は表示されるが、他の無料レンタルサーバーの広告と比べ、サイトデザインに影響が少ない無料レンタルサーバーです。

エックスドメイン(Xdomain)の特徴

こちらのサーバーに関しては、以前に登録方法やWordPressのインストール方法を記事にしているのでそちらをご覧ください。
Xdomain(エックスドメイン)無料レンタルサーバーにワードプレスをインストール

さらに詳しい機能や容量などは公式サイトをご覧ください。
ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス『エックスドメイン』

独自ドメインの取得

独自ドメインの取得は基本的に有料になりますが、なかには無料で取得できるところもあります。
レンタルサーバーを借りるなら、独自ドメインも一緒に取得したほうがいいでしょう。

独自ドメインとは

という説明は省略させていただきます。

ただし、ドメインの取得は早い者順なので、心に決めたものがある場合は使われていないことを祈りましょう。

独自ドメインにする理由

独自ドメインを取得する理由の1つに、覚えてもらいやすい。サイトの信頼度UP。ブランド効果の向上。などなど様々な理由があります。

独自ドメインにすることにより、サブドメインやサブディレクトリと違い、URLが短くなり覚えてもらいやすくなります。短くなるということは余計な文字が入らないので、ブランド効果の向上にもつながると一般的には言われています。

さらに、独自ドメインは料金を払い続けている限り、半永久的に自分のものです。
また、メールアドレスにすることも出来ます。

人気のドメイン取得サイト

お名前.com
こちらのは、com、netドメインが460円から取得できます。
また、100個以上の一括登録でセット割などがあります。登録数も世界No.1です。

ムームードメイン
こちらのは、期間限定キャンペーンを行っており、infoが280円で取得できます。
※キャンペーンは記事作成時の情報です。最新の情報は公式サイトでご確認ください。

自分が取得したいドメインが使用されていないか、まずは検索してみてください。
独自ドメイン取得時のポイント

無料独自ドメイン取得

英語が得意な方は、無料で独自ドメインを取得できる.tkがメジャーどころです。
ただし、90日間で25アクセスないと取得したドメインは削除されてしまいます。
詳しくは規約を読んでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク