WordPressの各種アップデート(更新)方法

2014年1月27日WordPressに、新しいバージョン3.8.1の提供が開始されました。

これに伴いアップデートを行ったため、その方法を記録します。

WordPressのアップデート

WordPressではバージョンアップが行われると、ダッシュボードの上部に「WordPress○○が利用可能です!更新してください。」と表示されます。
バージョン3.8のダッシュボードでは、表示が変わります。

「WordPress○○」をクリックすると、改定されたファイル一覧などが確認できます。

「更新してください」をクリックすると、WordPressのバージョンアップの他、プラグインやテーマの更新もできます。プラグインとテーマの更新については後述します。

WordPressをアップデートをする前に、データベースとファイルをバックアップしてください。
WordPressのバックアップについて
WordPressのアップグレードについて

また、更新の間サイトはメンテナンスモードになり、更新が完了したら元に戻ります。

「今すぐ更新」をクリックします。すると、503エラーが出る場合があります。気にせずに、ブラウザの戻るボタンを押すなどして、「ダッシュボード」ボタンをクリックすると、無事に更新されています。

ダッシュボードから、「WordPress○○が利用可能です!更新してください。」の表示がなくなれば成功です。

プラグインのアップデート

ダッシュボードからプラグインを選択します。
画面上部の「すべて」「使用中」「停止中」「利用可能な更新」「必須」の中から、「利用可能な更新」を選択すると、更新ができるプラグインだけが表示されます。

その中から、更新したいプラグインの「アップデート」をクリックします。
503エラーが出る場合もあります。ブラウザの戻るボタンなどでプラグイン画面に戻ると、無事にアップデートが完了しています。

テーマのアップデート

ダッシュボードから更新を選択します。

新しいバージョンが利用できるテーマの中から、更新したいテーマにチェックを入れ、「テーマの更新」をクリックします。
503エラーが出る場合もあります。「更新」や「外観」などから更新されたかどうかを確認します。

503エラー

今回行ったどのアップデートでも「503エラー」が出ました。が、全てのアップデートがブラウザの更新をするだけで、「503エラー」が消えて、アップデートも無事に完了しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク