マネークリップ使用暦10年 カードホルダー付きマネークリップを選んだ理由と使った感想

カードホルダー付きマネークリップを使い始めて1ヵ月の感想です。使用しているカードホルダー付きマネークリップは、「SLIM CLIP」です。

amazonのレビューでは圧倒的に[STORUS] SmartMoneyclip の方が評価が高くなっていますが、個人的には快適に使用できています。

SLIM CLIPを選んだ理由

  • ポケットを膨らませたくない
  • カードケースを持ちたくない
  • カードを傷つけたくない
  • 挟む力が弱くならない(予想)

マネークリップにする前は、Louis Vuittonのエピ ポルトビエ・カルトクレディモネ を使っていました。マネークリップにした理由は、鞄を持たなくなったため、(夏服で)ポケットに入れると膨らみが気になったから。

その後、シルバー(925)の一般的なマネークリップ を10年間で数回買い替えています。このマネークリップにカードを5枚とお札を挟んで、お尻のポケットに入れて持っていました。

この挟み方でポケットに入れると、カードとカードがこすれて傷ついてしまいます。
とはいえ、マネークリップ、カードケース、小銭入れの3つを持ちたくありません。

大抵のシルバー(925)製マネークリップは、使っているうちに挟む力がだんだんに弱くなっていきます。使い始めて1ヶ月のためまだわかりませんが、SLIM CLIPはステンレス製なので、ゆるくなりにくそうです。

1ヶ月使った感想

SLIM CLIPに免許証、クレジットカード×2、キャッシュカード、会員カードの全5枚を挟んで使用しています。お札を三つ折にして挟むとはみ出なくなりますが、以前から普通のマネークリップを使用しているため、二つ折りでも気になりません。

お札は多くても10枚くらいしか挟みませんが、ホールドは強すぎず弱すぎず、ちょうどいいくらいです。

少し気になる点は、指紋が付くことくらいでしょうか。

普段はこれと、EMPORIO ARMANIの小銭入れ を一緒にお尻ポケットに入れています。この小銭入れは、5年以上使っていますが、破れやほつれもなく、小銭も取り出しやすいのでおすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク