WordPressサイトをアナリティクスとウェブマスターツールに登録

WordPressで作成したサイトをアナリティクスとウェブマスターツールに登録します。
順序としては、先にアナリティクスに登録してからウェブマスターツールに登録しました。

グーグルアナリティクスの登録

使用するプラグインは、「Google Analytics for WordPress」です。

まず、アナリティクスにサイトを登録します。

次に、プラグインをインストールして有効化したら、設定のGoogle AnalyticsからトラッキングIDを登録します。

「Manually enter your UA code」にチェックを入れ、トラッキングIDを入力します。
トラッキングIDは、アナリティクス設定のプロパティ設定からも確認できます。

最後に「Update Google Analytics Settings」を押して完了です。

タイムゾーンの変更

アナリティクスの登録ができたら、レポートがリセットされる時間を変えるために、タイムゾーンの変更をします。
デフォルトでは、アメリカ合衆国の太平洋時間になっています。これを、日本に変更します。

まず、アナリティクス設定で登録したサイトを選択し、ビュー設定をクリックします。

レポートビュー設定のタイムゾーンの国または地域で「日本」を選択します。

最後に保存ボタンを押したら完了です。

アドセンスのタイムゾーンの変更はこちら

グーグルウェブマスターツールの登録

使用するプラグインは、「Google XML Sitemaps」です。

まず、ウェブマスターツールにサイトを登録します。

次に、プラグインをインストールして有効化したら、ウェブマスターツールの「サイトマップの追加/テスト」からサイトマップを追加します。
「sitemap.xml」と入力して、サイトマップをテストします。テストがうまくいったら、サイトマップを送信します。

エラーが出たら


「robots.txt により URL が制限されています」とエラーが出ることがあります。そんなときは、WordPressの設定から表示設定を選択して、検索エンジンでの表示のチェックをはずします。
最後に忘れずに変更を保存します。

あとは時間が解決してくれるはず。

追記

2日後あたりから徐々に、インデックスに登録されるようになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク