禁煙には強い意志が必要

プロフィール
年齢:30代
性別:男性
職業:会社員
喫煙歴:5年
1日の本数:20本
禁煙歴:1週間
結果:失敗

禁煙体験談

私は、禁煙を試みたことが幾度となくあります。そのうちの失敗談をお話しします。

私は30歳前半の男で喫煙歴は約5年、当時は会社員をしていました。1日に1箱、飲み会などがある時には大体2箱は吸っていました。

禁煙を試みた理由は、体力が明らかに落ちていると実感し出したからです。軽く走ったりするとすぐ息が上がり疲れやすくなっていました。
そこでこれはいけないと思い、一念発起して禁煙生活をスタートしたのですが、これが予想以上に苦しいです。

当初はガムなどで我慢していましたが、とうとう1週間くらいでギブアップしました。

最後の方は、四六時中煙草の事で頭がいっぱいになっていて、何より一番つらいのは友人たちが吸っている時です。
タバコミュニケーションとはよく言ったものです。

やはり、禁煙にはかなりの強い意志が必要です。正直、煙草を吸っていない人たちと行動を共にしないと中々厳しいものがあるのではないでしょうか。

そして、相当煙草に依存しているのであれば、禁煙外来に行かれるのが一番苦しくない方法だと思いました。

まとめ

この方は、喫煙暦5年とそんなに長くないですが、禁煙生活は1週間で終わってしまったようです。自分の禁煙1週間目のことを思い出しても、かなり苦しかった記憶があります。やはり、禁煙から1週間辺りがひとつの山場となりそうです。

友人がタバコを吸っている時が辛かったようですが、私はむしろ「吸ってくれ」と友人に頼んでいました。そして、その副流煙に向かってダイブして受動喫煙することにより、吸いたい気持ちを抑えていました。(※受動喫煙は身体に悪いので真似しないで下さい)

禁煙3年半で何気なくもらった1本で禁煙失敗
スポンサーリンク
スポンサーリンク