WordPressパーマリンク設定でカスタム構造を選択すると404エラーが出るときの解決策

パーマリンク設定のカスタム構造でタグを入力すると、404エラーでページが表示されなくなりました。
そんな時の解決方法です。サーバーはドメインキングを使用しています。

httpdocsの属性変更

wordpressが入っているフォルダの属性を変更します。今回は、httpdocsに入っていたためこれを変更します。

FFFTPでhttpdocsを右クリックして属性変更を選択します。

属性の変更で書込にチェックをいれOKボタンを押します。

WordPressにログインして、設定からパーマリンク設定を選択します。
カスタム構造にチェックを入れ、入力欄に好きなタグを入れます。

使えるタグの一覧を引用しておきます。
構造タグ
%year%
投稿された年を4桁で取得します。例えば、2004です。
%monthnum%
投稿された月を取得します。例えば、05です。
%day%
投稿された日を取得します。例えば、28です。
%hour%
投稿された時(時間)を取得します。例えば、15です。
%minute%
投稿された分を取得します。例えば、43です。
%second%
投稿された秒を取得します。例えば、33です。
%post_id%
投稿の固有IDを取得します。例えば、423です。
%postname%
投稿の投稿名を取得します。
%category%
投稿のカテゴリーを取得します。サブカテゴリーは入れ子にされたディレクトリとして取得されます。
%author%
投稿の作成者を取得します。
引用元:http://wpdocs.sourceforge.jp/パーマリンクの使い方

タグを入力後、変更を保存を押したら完了です。

設定が終わったら属性の変更で書込のチェックをはずして元に戻しておきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク