.exeファイルが開けないときは、ユーザーアカウント制御を無効化するか管理者として実行する

この投稿は、「.exeファイル」が開けなかったときにやった2つの方法のメモである。

以前「VistaにChromeを新規インストール出来ないと思ったら出来た話」で、「Ironのver.46をインストールした」と書いたが、このときの最新はver49だった。なぜ最新のバージョンをインストールしなかったかというと、ver.49のexeファイルが開けなかったからだ。

exeファイルは、ブラウザやFlashPlayerなど、さまざまアプリケーションソフトのセットアップファイルに使われている。

ファイルがダウンロードできても、開けるファイルと開けないファイルがあり、使いたいソフトがインストールできないことがある。

このパソコンでは以下の結果になった。


開けるファイルと開けないファイル

開けたexeファイル


  • Vista sp2
  • IE9
  • Iron ver46
  • Chrome ver49
  • .NET Framework
  • flashplayer21 (IE Chrome)

開けなかったexeファイル


  • Iron ver49
  • flashplayer21 (Iron FireFox)

これがすべてではないが、記事作成時にダウンロードフォルダにあったファイルを記載している。

開けないexeファイルを開く2つの方法


  • ユーザーアカウント制御を無効化
  • 管理者として実行

ユーザーアカウント制御を無効化する方法

スタートをメニューを開いて、右上のユーザー画像をクリックする。

ユーザーアカウントの変更画面で、「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」を選択する。

「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のチェックをはずし、「OK」をクリックする

再起動したら設定完了

※設定が完了したら元に戻すのを忘れないように注意

管理者として実行

上でチェックをはずした方はチェックを入れ直して再起動する。

開きたいファイルの上で右クリックして上の方にある「管理者として実行」を選択する。
これで開けないときは右クリックしたときに、一番下の「プロパティ」を選択する。

プロパティの「互換性」を選択して、特権レベルの「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れ「OK」をクリックする。
その後、ファイルをダブルクリックすると「アクセスの要求」をしてくるので「許可」をすると開ける。

※信用できるファイルだけ許可する

まとめ

今回はVistaで2つの方法を試したところ「ユーザーアカウント制御を無効化」では、上述した2つのexeファイルは開けず、「管理者として実行」したら両方開くことができ、インストールできるようになった。

これでVistaのサポートが切れるまで使うことができそうだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿