Seesaaブログのスマホ広告を非表示にする方法【追記あり】

Seesaaブログはデフォルトだと、サイドバーエリアにボックス広告・バナー広告・商品紹介の3つ広告が表示されるようになっています。

さらに、記事エリアは記事下に1つと更新が60日間ない場合は記事上にも1つ表示されます。

おまけに、検索経由のページ閲覧の際にも記事上に1つ表示されるようになっています。

何もしないと最大で6つも広告が表示されて見た目も悪いく、自分が書いた記事も広告に埋もれてしまいます。

また、アドセンスを使用している場合は、規約に引っかかって最悪の場合は停止されることもあります。

まずは、この広告をすべて非表示に設定します。

広告の非表示設定

記事エリアの広告設定

まず、設定>詳細設定>記事設定の「広告表示」を無効にして保存します。
次に、設定>詳細設定>広告設定ですべて広告を表示しないにして保存します。
これで記事エリアの広告非表示設定は完了です。

サイドバーエリアの広告設定

デザイン>PC>コンテンツのサイドバーエリアにある「ボックス広告」「バナー広告」「商品紹介」の3つを削除します。
コンテンツの右上にある×をクリックするとゴミ箱に移動して削除することができます。完全に削除する場合は、ゴミ箱を空にするをクリックします。

これで全部消してすっきりしたなと思っていたら、スマホでみるとガッツリ広告が入っていました。

スマホ広告を消す方法

ブログをスマホで開くと、ヘッダー下・記事下・フッター上・フッター下の4つ広告が表示されます。もし自分で広告を貼るなら、プロが設置したこの場所を覚えておくとクリック率が高くなるかもしれません。

※正直スマホ広告の非表示はいたちごっこで、今は非表示にできていても次の日には違う広告が表示されている可能性があります。また、非表示にすること自体が規約違反になる日がくる可能性もあります。非表示にする場合は自己責任でお願いします。

ちなみにこの方法ですべての広告が消せるわけではありませんが、90%くらいは非表示にできていると思います。

スマホ広告非表示設定

デザイン>スマートフォン>デザイン一覧から使用しているテンプレートのタイトルをクリックします。

ここに、Seesaaブログスマートフォン版の広告を消す方法【2014/7/19更新】で書かれている記事を参考にさせていただいて、ソースをすべて一番下に貼り付けます。これだけでも、2014年10月の時点で80%近く非表示にできていると思います。

これにプラスして、2014年10月11日までに表示が確認された広告を追加で非表示にします。
/*
 * ad非表示 10月11日追加
 */
[id*="kauli_yad_js_1"]{display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[id*="yjAdwrapper"]{display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[id*="adunit"]{display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[id*="ads"]{display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[class*="bottom_fixed_ad"] {display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[class*="soc_dest"] {display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
余計なコードがあるかもしれませんが、とりあえずこれで90%くらいは削除できると思います。

空白の削除

広告を消したら余計な空白が目立つようになったらこれで消えるかもしれません。
/*
 * ad非表示 10月17日追加 空白削除
 */
[class*="adfunnel_sp"] {display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[class*="ad-header"] {display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}

スマホでPC版広告の非表示

スマホでPC版を見ると表示される広告の消し方がわからなかったので、スマホでブログを見たときに表示される「PC版を見る」のボタン自体を非表示にしました。

「ログイン」も同時に消えますが、
.footter-nav{
display:none;
}
を最後に追加するだけで非表示にできます。

パソコンでスマートフォン(スマホ)表示の確認をすると広告が表示されたときの要素が簡単に検証できます。

ここから追記

2015年1月7日の追記
/*
 * ad非表示 10月17日追加
 */
[id*="imobile_adspotdiv1"]{display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[id*="fluct_ad_unit_1000001623"] {display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
[class*="fluct_ad_container"] {display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}
おそらく上記の2番目か3番目のどちらかは不要です。

上記に加え、スマホ閲覧時の関連記事一番下に表示される広告も非表示にします。
[class*="tapone"] {display:none!important;visibility:hidden;height:0px;}

2月23日の追記
もう少し消したい方は、ブログ説明文と記事の間に表示される広告を完全に削除
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿