光回線・ADSL・WiFiや無線LANアダプターとプロバイダの選び方

インターネットを利用する場合に必ず必要になるのが回線とプロバイダです。回線はインターネットの世界に行く為の道、プロバイダはその世界へ入るための入り口だと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

プロバイダ選び

プロバイダには色々な会社が存在しており、セキュリティやメールなどインターネットに関わる全てのサービスが利用できる会社と、金額を出来るだけ抑えて安くインターネットを利用できる会社とがあります。

どちらが良いかは利用者によって異なりますから、自分に合ったプロバイダを選ぶと不満も無く利用できると思います。

一般的には、光回線の料金とは別にプロバイダの料金や機器(WiFi・無線LANなど)のレンタル料金が毎月掛かります。 
これとは逆に、回線・プロバイダ・無線LAN・セキュリティーがすべて込みのサービスを提供する業者もあります。

光回線とプロバイダが一緒になった業者

NURO光(ニューロ) (月額4,743円)
このような業者を選ぶと、すべての料金がコミコミになるため今より安くなる可能性があることや、何か問題が起きたときに業者が一つのためサポートが受けやすいなどのメリットもあります。

So-netが提供する世界最速のNURO(ニューロ)光 料金や速度、評判

So-net NURO光は、光回線の中でも最速を誇る超高速光回線です。下りの速度が最大2Gbpsも出るのは非常に魅力的でもあり、ダウンロードにかかる時間の短縮も見込めるため、データ量の多い動画やファイルも快適に利用することが可能です。

月額料金は4,743円(税別)となっており、この金額には光回線利用料とプロバイダ料金も含まれているので、別途プロバイダ契約を行う必要もなく初心者でも安心して利用できます。

プロバイダはso-netしか選ぶことが出来ませんが、回線とプロバイダ両方をサポートしてもらえるため、トラブルがあった時でも迅速に対応してもらえるのも強みではないでしょうか。

現在利用できるエリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県に限られていますが、その地域に住んでいる人には非常にメリットが大きい回線だと思います。

最大実行速度450Mbpsの無線LANが始めから標準装備されているため、別途機器を購入する必要もありません。特に近年ではWiFi接続機器が増えて来ていますから、そういった点でも費用負担が少なくて済むのはとても助かる点だと思います。

利用できる建物は一戸建てか二階までの建物に限られているため、高層ビルでは利用でき無い点が難点ではありますが、徐々に利用できる建物も増えて来ているようです。

最も重要なセキュリティサービスも、最大5台まで無料で利用できますから、わざわざ高いセキュリティソフトを購入する必要はありません。So-net NURO光は、速度、セキュリティ、金額と全てが満足いく回線ではないでしょうか。

光回線とADSLの違い

最近主に利用されている回線には光回線とADSLがあり、どちらも高速通信が可能になっています。

光回線は光ファイバーを利用した回線で、一度に大量のデータの送受信が可能になっています。しかし、100Mbpsの回線を最大32人で共有することもあり、場合によってはADSLの方が速くなることもあります。

ADSLはアナログ回線の空き帯域を利用した通信方式で、こちらも大量のデータの送受信は可能です。しかし、NTT局舎から距離が遠いと速度があまり出ないということもあります。また、ノイズの影響を受けやすいというデメリットもありますが、ADSLはもともとある電話回線を利用しているため、使用できるエリアが非常に広いというメリットもあります。

光回線もADSL同様ベストエフォートと呼ばれる方式で、そもそもの帯域が非常に広いということもあり、ほとんど渋滞が起きるということはありません。しかし、専用の光ファイバーを引かなければ利用できないことや、山間部などでは整備が整っていないため利用できないなどのデメリットもあります。

それぞれに長所と短所があるので、住んでいる地域出来る方式を選ぶとよいのではないでしょうか。

光とADSLが選択可能な業者

ADSLも光も選べるYahoo! BB

KDDIのADSLサービス「ADSL one」、「au one net ADSL」の一部地域のサービスは終了しています。

WiFiとは


WiFiはインターネットを無線で接続する方法で、スマホ利用者の増加とともに最近その利用者を増やしています。

スマホやタブレットなどを自宅で利用したい場合や、パソコンを有線ではなく無線で接続することでどこでも使うことが出来るようになるため、利便性の高い接続方法です。

別途WiFiルーターを購入する必要がありますが、回線の契約によってはモデムにWiFi機能が最初から付いているものもありますので、そちらを利用すればルーターを購入する必要はないでしょう。

WiMAX2+

WiMAX2+などのサービスに加入すると外出先でも定額で高速インターネット通信が可能になります。
【WiMAX2+新端末登場!】速度制限ナシ!

WiMAXとは、ワイヤレス通信でインターネットへと電子機器を接続するサービスのことです。より分かりやすく言えば、ケーブルのような配線を用いずに=ワイヤレスで、どこにいても場所を選ばずにパソコンや携帯ゲーム機などをインターネットに接続して楽しむことが出来るサービスのことです。

WiMAXを使うと、高速でインターネットを利用することができます。その通信速度はとても速く、自宅でインターネットサービスを利用しているときと同じ速さでインターネットに接続することができます。

スマホの接続モードをWi-Fi接続に変更することで、制限なくネット環境を使用することができます。現在多くのスマホが通信制限を行っていますが、WiMAXを使いインターネットに接続することでその制限を気にすることなく、外出先でもインターネットを使用できるのです。

月額利用料としては、4,000円以下と格安です。そして通信料金はどれだけ利用しても、月額料金が上限になります。しかも、月額利用だけでなく、1日利用から料金プランもあります。料金プランを選べることも大きなメリットでしょう。

WiMAXの利用可能エリアは拡大中で、全国政令指定都市においては95%以上、東京などの主要都市においてはなんと99%ものエリアで使用可能です。

無線LANアダプター

宅内だけの利用に限定し、すでにインターネット接続環境が整っている場合は、パソコンに無線LANアダプターを差し込むだけで、スマホや携帯ゲーム機などが簡単にWiFi接続可能な商品も販売されています。

私が実際に自宅で使用しているのがこの無線LANアダプターです。
新品価格
¥1,336から
(2014/12/16 11:44時点)
以前使っていたスマホをSIMなしでWiFi接続しています。SIMなしだと本体のバージョンアップはできませんが、パズドラなどのアプリは(現在のところ)問題なく動作しています。
また、任天堂3DSでMH4G(モンスターハンター4G)をするときにも重宝しています。

もちろん現在払っている光回線などの月額料金は据え置きで、無制限に利用することができます。なので、自宅でスマホを使用する際は4G通信を使わずにWiFi接続をすることによって、1ヶ月の通信制限を極力抑えることが可能です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク