2015年のtoto当選結果と収支

ほぼ毎週買っているtoto系のクジ。特に深い理由もなく500円くらいを、定期購入はせず毎週買うようにしている。

2015年(2014年12月6日から2015年12月5日まで)に購入したクジの種類は、BIG1口とminitotoを2口の組み合わせだったり、BIG1口とBIG1000を1口の組み合わせなどであった。詳しくは画像を参照


合計で172口、23,400円分購入していた。購入口数と金額は、BIG、BIG1000、miniBIG、toto、minitotoなどすべての合計です。

toto当選結果と収支

当選結果と収支
クジ種 購入口数(口) 購入金額(円) 当選数(回) 当選金額(円) 収支(円)
toto BIG 21 6,300 0 0 -6,300
BIG 1000 12 2,400 1 1,320 -1,080
mini BIG 8 1,600 0 0 -1,600
toto 47 4,700 0 0 -4,700
mini toto 84 8,400 0 0 -8,400
合計 172 23,400 1 1,320 -22,080

上の表のように合計で172口、23,400円分を購入して当選したのは1回、1,320円だった。よって2015年の収支は-22,080円という結果になった。画像の上3つが結果発表前となっているがははずれてた。

あと1つあたっていれば当選の「おしい」は、全部で4口あった。

あたりやすい買い方

上記の結果を踏まえ、あたりやすい買い方を考えてみた。※あくまでも記事作成者の考えです。

minitotoで考える

当選確率が243分の1のminitotoで考えてみる。
minitotoは1口100円で84口8,400円を分購入していた。これは理論上2.89回に1回はあたる確率である。

では、1年分の23,400円をすべてminitotoの購入に充てたときのあたる確率はどうなるのか。この場合は理論上1.04回に1回はあたる。こうなると逆に外すほうが難しくなる。

理論値と実践値?

使い方が合っているかはわからないが、ここでは計算上の確率を理論値とする。
1口100円で当選確率は243分の1、年間開催数を243回、資金は24,300円とする。

1開催で243口を1回
1開催で243口を数字が被らないように買ったとき、あたる確率は100%である。これは理論値と実践値が同じになる。

1開催で1口を243回
では、1開催毎に1口ずつ購入した場合、年間であたる確率は「243分の1」なのか。それとも243分の1を243回買っているので100%になるのか。

この買い方の場合、実際には100%あたるということはなく、2年、3年、もしかしたら10年買ってもあたらない可能性がある。

まとめ

2015年11月1日から30日までのminitotoの当せん金を調べたところ、最高で48,886円があった。また、3万円を超える当せんも1回あり、全通り買ってもプラスになる組が5開催10組で2回もあった。

当せん確率を上げたいなら、購入する開催を減らし、1開催で購入する口数を増やし方がいいのかもしれない。

ロト・ナンバーズ・totoBIGなどの当選確率と一番当たりやすいのはどれか比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿