禁煙3ヶ月でタバコを吸ってみてわかったこと

禁煙を始めてから3ヶ月が経過し、吸いたいと思う時もほとんどなくなり、ここで吸ったら今まで我慢したのにもったいないと思えるようになりました。

禁煙1ヶ月目くらいから、パチンコ屋に行っても吸わなければ本当の禁煙成功と言えるだろうと思っていましたが、案の定、半年振りに行ったぱち屋で吸ってしまいました。

3ヶ月ぶりに吸った感想

味は、「うまい」か「まずい」か正直なんともいえない感じで、「うまくはない」「まずくはない」といった感じです。
ただ、喫煙中より味覚が敏感で、本当のタバコの味?がわかります。

心は、「ほっ」とする様なことは特になく至って普通です。逆に次の1本を吸わないと「イライラ」するといったこともありませんでした。

体は、座っていたのでフラフラはしませんでしたが、血管の収縮は完全に感じることができました。(ヤニクラ)

ちなみに、禁煙を始めてからも出かけるときはタバコを持ち歩いています。家にある灰皿もテーブルに置いたままです。ライターも捨てていません。新品のタバコも4箱あります。

その後

結局吸ったのはぱち屋にいるときだけで、その後の生活で「吸いたいなぁ」と思って吸うようなことはありませんでした。

いいことは禁煙3ヶ月でタバコを吸ったという体験だけで、おいしくもなく、落ち着くこともなく、禁煙生活が1日目からのスタートになってモチベーションが下がるので、3ヶ月吸わずにいられたなら吸わないほうがよさそうです。

※追記
次の月、あることがきっかけで普通に吸うようになってしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿