私達はいつまでタバコを吸っているんだろう

プロフィール
  • 年齢:40代後半
  • 性別:女性
  • 職業:会社員
  • 喫煙歴:10年
  • 1日の本数:10本強
  • 禁煙歴:12年
  • 結果:成功

禁煙体験談

私は、20歳くらいからタバコを吸い始め、約10年間、1日に10本強吸っていました。
きっかけは、周りの友人達のほぼ全員が喫煙者でしたので自然の流れでした。

30歳を目前にし、「私達いつまでタバコ吸ってるんだろう」と誰かが言い出し、友人全員で禁煙することになったんです。

禁煙の方法は、人それぞれとし、6ヶ月後を目安に禁煙できている人は、できなかった人に何かおごるという約束をしました。
あくまで自己申告ですが、よく集まっていましたのでウソはそのうちにバレるはず、ということで。

私は、手始めに、「禁煙セラピー」というアレン・カーの著書を買い、読みました。
「たばこを吸うとストレス解消になる、よく考えてください、それは本当ですか?そう思い込んでいるだけではありませんか?」
という自己啓発から始まり、タバコが及ぼす悪影響についてこんこんと説明されました。
そして、最後の方のページに、「さぁ、今から最後のタバコを吸いましょう」とあり、ここからが禁煙生活の始まりです。

少し洗脳された感じでしたので、意外とすんなり禁煙できてしまいました。それから、12年間禁煙をしています。

禁煙のきっかけをくれた友人達への、感謝の気持ちでいっぱいです。

まとめ

喫煙も禁煙も、きっかけは友人達だったというこの方の禁煙方法は、セラピー本を読むでした。以前にもセラピー本で禁煙に成功した方がいました。

タバコをやめて得られたものとは

アレン・カーのセラピー本は、「読むだけで絶対やめられる」をキャッチコピーに、世界中でベストセラーになっています。

アレン・カーについてほんの少しだけ調べてみました。以下ウィキペディアからの引用です。
アレン・カー(Allen Carr、1934年9月2日 - 2006年11月29日)は、イギリスの禁煙活動家。
ロンドン在住で、18歳の時から煙草を吸い始め、会計士の職にあったときは1日に100本以上吸うヘビースモーカーであった。1983年に禁煙に成功し、以降は自身の経験をもとに、世界41ヵ国で85ヵ所以上の禁煙クリニックを開設した。
なんと、1日に100本以上吸っていたようです。7時間睡眠だとして、起きている時間が17時間。
100本を17時間で吸うと1時間で5.88本になります。食事の時間などを引くと大体1時間に6本。
10分で1本という驚異的な本数です。1本5分で吸い終わるとすると、起きている時間の半分はタバコを吸っている計算になります。
そんな超ヘビースモーカーでも、禁煙に成功しています。

タバコをやめて得られたものとは
スポンサーリンク
スポンサーリンク