1年6ヶ月禁煙してきた環境と体調の変化

禁煙開始からトータルで1年6ヶ月が経とうとしています。最初の6ヶ月で何度か挫折しかけましたが、現在は何とか吸わずにいられています。

毎年5月31日は世界禁煙デー、5月31日(日)~6月6日(土)は禁煙週間となっています。(厚生労働省:2015年世界禁煙デーについて



1年6ヶ月禁煙してきた環境

今まで禁煙してきた環境は、平日の半分(12時間)くらいは目の前で誰かがタバコを吸っているような状態です。

もちろん常に誰かが吸っているわけではありませんが、少なくとも1時間に1回は煙を浴びることになります。

そんな環境のせいか、いまだにタバコのにおいを嫌いになっていません。

いまだに吸いたくなる

禁煙から1年以上経ってもたまに吸いたくなるときがあります。

禁煙から10年でも「吸いたくなるときがある」と聞いていたので覚悟はしていましたが、夢にまで出るとは思っていませんでした。

禁煙成功者に禁煙方法ときっかけや今でも吸いたくなるのかを聞きました

吸いたくなるとはいっても、数秒我慢すれば忘れられるようにはなっているので、よほどのことがない限り失敗することはなさそうです。

体調の変化

体重

禁煙をしてから体重が数%増えましたが、そこからは増えずにキープしてます。

禁煙すると体重が増える!?禁煙による体重の変化

禁煙と同時に始めた筋トレは、手持ち無沙汰とイライラの減少に伴い止めてしまいました。

眠気

禁煙をしていて一番つらいのは、「急激な眠気に襲われる」ことだといつだったか書いた記憶があります。

今では、我慢できないほどの眠気が来ることはありませんが、30分ほど昼寝をするのが日課になってしまいました。

禁煙を成功させるために大切なこと

禁煙を成功させるために必要なことが1つあります。
それは、「禁煙を成功させる」という気持ちです。

単純なことですが、禁煙期間が長くなるとこの気持ちが薄れるときがきます。
今なら1本くらい吸っても大丈夫?」と思ったら危険サインです。

あとは、如何に楽な禁煙方法を選ぶかが重要です。

禁煙から2年半の効果と吸いたさ

喫煙歴17年が成功した禁煙方法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿